初めて高速道路に乗る時は、しばしば分岐点で迷ってしまうことがあります。あの出口で本当にあっているのか?と迷っているうちにどんどんと分岐点は近づいてきてしまいます。この状態は、はっきり言ってとても危険です。ブレーキを踏んでスピードを落とし、最終的に分岐レーンで止まってしまうというのも危険なのですが、迷っているうちに分岐帯に突撃してしまうなんてこともあるんです。初心者はこういった決断がうまくいかないために事故を起こしてしまうことも少なくないですよね。初心者じゃなくても首都高速などの行き先がたくさんあるような高速道路は苦手な人は多いかもしれません。しかし、道を間違えることは悪いことではありません。長い時間決断が付かずに迷い続けてしまうことのほうが危険なのです。これはとっさに急ハンドルを切りなさいと言っているわけではありません。高速道路で急ハンドルを切ってしまうと、車体がふらつき、最悪の場合横転してしまうなんてこともあるのです。なのでもしどうするべきか悩んでいても決して車を止めたり、急な進路変更をしないで今いるレーンを走り続けるということが大切です。高速道路では迷って右往左往している状態が一番危険です。ときどき出口でおり損ねたドライバーが路側帯をバックして分岐しなおそうとしているのを見ることがあります。これは、とてつもなく危ないことで、教習所でも合宿免許でもこんなことは一切教えていないはずです。後ろから来た車を巻き込んで大事故につながってしまいますよね。また、降りるレーンに入ってから間違えたことに気が付いてもあわてて元のレーンに戻るようなことはやめましょう。とにかく一旦起こした行動はたとえ間違えていたとしても最後まできちんと行うべきでしょう。間違っていたらまた乗りなおせばよいのです。