近年では一般道の渋滞というのはあまり見られなくなりましたが、大型連休や、事故などが原因で、高速道路の渋滞というのはよく耳にするでしょう。高速道路では、約時速100キロ、つまり一秒間に28mも進むほどのスピードで車は走っています。なので遠くで起きているように見えていても、あっという間に目の前に現れるという感覚に陥るでしょう。遠くのほうでブレーキランプが点灯してるのが見えたらすぐにアクセルから足を離しましょう。もしかしたら渋滞や事故が起こっている可能性があります。高速道路の渋滞の最後尾は自分が前の車に追突してしまったり、うしろから追突されてしまったりと、玉突き事故が起こってしまう可能性のあるポイントです。大切なことは渋滞しそうなところを前もって意識して、早めに渋滞に気が付くことです。なのでつねに掲示板の渋滞情報に注意を向けてください。早めにじゅうたいに気が付けば自分も事故を起こさなくて済みますし、後ろに続いているくるまにも早めに合図を出して、追突されるのを防ぐことができます。運転免許をとるための教習所や合宿免許でも教わることかもしれませんが、渋滞を見つけたらブレーキを踏んでハザードランプを点灯させます。それが後ろの車にこのさきに渋滞があるよという意味になります。しかし後ろのドライバーが不注意な人間だと、そのままあなたの車に追突してくるかもしれません。なのでここで大切なことは必ずルームミラーを確認するということなんです。後ろの車が突っ込んでくるようならばなんとかして逃げるしかありません。渋滞の最後尾について停止するときも私はなるべく前の車と車間距離をあけるようにしています。万が一後ろの車が突っ込んできても路肩へ逃げるなどなにか打つ手が残るからです。車間距離をあけていないと何もすることができないまま突っ込まれてしまいますけらね。