本来高速道路上では、ブレーキを踏む機会というのは一般道にくらべて少ないと言えます。高速道路には、信号も交差点も歩行者も自転車もいないので、止まる必要がないように設計されているというのが理由です。なので、高速道路でむやみにブレーキを踏んでしまうと周りの車を驚かせてしまいます。もしあなたが高速道路でもちょいちょいブレーキを踏むようであればあなたになにか問題があると思った方がいいかもしれません。合宿免許でも教習所でも、安全のための正しい姿勢というのをはじめに叩き込まれるはずですが、高速道路の場合も同じように、スピードに乗って少し先のほうを見ていれば早めの段階でアクセルの加減ができるのでブレーキを踏まなくてもいいはずです。遠くでなにか不自然な動きがあったらすぐにアクセルを緩める。これが高速道路で走行するときの掟であり、そうするとエンジンブレーキが効くので減速されます。初心者ドライバーに多いのは、前で何かが起きていることに気が付いても呆然とアクセルを踏んだまま直進してしまい、直前になって慌てて急ブレーキを踏み込んでしまうというケースです。これでは間に合わないどころが、更なる危険を招いてしまうでしょう。なので高速道路ではブレーキはできるだけ踏まず、アクセルの調節でスピードを維持する。そして周りの車の挙動に注意してはやめに危険に気が付くということが大切なんですね。もちろん、一般道でも周りへの安全確認というものを十分に行ってから走行するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です