一般道でも苦手と感じてしまう車線変更ですが、さらにそれが高速道路での場合、やたらと恐怖感と焦りを感じてしまうドライバーは多いのではないでしょうか。そのわりに、初心者に限っておもいきった車線変更をしていて驚くというケースもあります。隣の車線をミラーで確認し、スペースさえあればウインカーを1,2回点滅させ一気にハンドルを切って車線変更をするというドライバーも見かけます。これでは後ろの車はとても驚くでしょうし、速度の速い高速道路でハンドルを一気にきるという行為は、蛇行運転などに繋がり、危険です。もしあなたがこのような車線変更をしているのならば今すぐやめるべきでしょうし、大丈夫と勘違いしているなら、もう一度合宿免許などに参加しましょう。高速道路でも、一般道路と同じように加速しながら車線変更するのがコツです。車線変更をする際には加速して行わないとうまくいきません。なので加速をするために前の車と距離を取っておくことが大切です。前の車との間に加速できそうな十分なスペースが開いたと思ったらウインカーを点滅させて周りの車に車線変更をしようとしているんだという意思を伝えます。そしてハンドルを切りたい方のドアミラーをみて車が来ていないか確認しましょう。安全だと確認したらアクセルを踏み込み、加速して前の車に少し近づきます。怖がりのドライバーはここですぐに車線変更を済ませてしまおうとしてハンドルを急に切りがちです。しかしハンドルを急に切る必要はありません。長い斜めの直線をスピードを上げて走っていく感じで車線変更すればよいのです。斜めに走っていくのでこの時に加速していないと後ろの車に追い付かれてしまいます。なので車線変更をする際は加速が必要なんですね。たとえばこれが追い越しのための車線変更なら目的の車を追い越した後、追い越した車から十分離れてから同じように斜めに加速しながら車線変更しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です