片側二車線、また、片側三車線以上の道路を走行する場合、進路変更を余儀なくされる場合というのは少なくないと言えるでしょう。ゆったりとマイペースで走行したい、また、できる限り危険の可能性のあるような運転はしたくないという風になってしまうと、もう永遠に左側車線を走り続けることをお勧めするしかないでしょう。しかし、急いでいたり、前の車がものすごくゆっくり運転しているといった場合、進路変更は必須と言えるでしょう。進路変更をスムーズに行うためには、安全確認と合図のタイミングが重要となるのではないでしょうか。駐車車両を避けたり、追い越したいといった際には、右側への進路変更が必要になるでしょう。最低でも3秒前にはウインカーを作動させ、対向車や後続車を目視確認しましょう。進路の変更と同時にウインカーを左ウインカーに変え、進路を戻していきましょう。自身のペースだけを守るような急な合図からの進路変更などは、見失ってしまう人もいるため、事故に繋がりやすいとも考えられるでしょう。自動車学校、または合宿免許などでも教わるように、自身の運転を相手に認識させながら操作するといったことも重要でしょう。自分勝手なドライバーばかりでは事故の絶えない世の中になってしまうでしょう。常に余裕を持ってハンドルを握るように心がけることが、安全運転への第一歩と言えるでしょう。ごくたまに、前方に右折車両があるときなどには、左への進路変更も考えなくてはならないでしょう。流れは左右とも変わりません。ウインカーを出すタイミングへの配慮などが細やかであると良いのではないでしょうか。いずれにしろ、車線が一つの場合は危険なので追い越しなどは考えないようにしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です