自身の運転する車が走行する道路上に、駐車車両があったり、道路の工事を行なっているといった場合には、これらの障害物への対応というものが必要になってくると言えるでしょう。ときには、止むを得ず、障害物を避けるために対向車線にはみ出してしまわなければならない場合もあるでしょう。障害物の状況を早めに掴み、安全な進路と速度で対応できるようになると良いでしょう。障害物を早く把握するためには、安全確認として、ミラーをよく見ることと、死角である左後方からバイクなどが近づいていないかということに気をつけなければならないでしょう。また、対向車線に乗り出さなければならない場合、対向車線に対向車がないか確認するのも重要でしょう。さらには、障害物として認識している駐車車両から突然人が降りてきたり、ドアが開いたりしないかよく見て予測しながら運転するということも大切になってくるのではないでしょうか。障害物を避ける場合には、その障害物の側を通過するときの間隔や速度にも注意しなければならないでしょう。対向車が無かったり、あったとしても速度が遅い場合などが判断できた場合は、迷わず先に通る意思を表示しましょう。対向車のスピードが早い場合や距離が近い場合は一旦停止して対向車の通過を待つようにしましょう。対向してくるものが車ではなく、バイクや二輪車という場合には、一時停止ではなく、徐行で進行し、行き違った後に加速するようにすると良いでしょう。何れにせよ、教習所や合宿免許で教わった進路変更の手順を基本として判断していくとわかりやすいのではないでしょうか。合図のタイミング、安全確認、安全な走行位置、速度など、注意する項目がたくさんあるため、慌てずに対応することがポイントとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です